SONY、格安スマホに参入か?

2015年1月27日 配信

産經新聞などが報じたところによると、SONYは小売り大手・イオンと協業して格安スマホへの参入を検討している模様だ。SONYのスマートフォンXperiaシリーズの型落ち機種とイオンの「イオンSIM」を合わせて販売する見込みとなっている。

Xperia E3

icon18,918円で販売されている「Xperia E3」(画像:エクスパンシス


2015年は、スマホメーカーが続々格安スマホに参入することになりそうだ。

産經新聞などによると、SONYが小売り大手・イオンと協業して格安スマホへの参入を検討していると報じられている。

SONYはメガキャリアではNTTドコモ、au、ソフトバンクとすべてのキャリアにXperiaシリーズを供給している。しかし、これらのXperiaシリーズは所謂「フラグシップモデル」と呼ばれる高性能モデルで、価格も5万円以上する高額なスマートフォンだ。キャリアの割引を利用出来るとはいえ、Xperiaを利用したかったら月額6000円ほど支払う必要があるため、2年で14万円ほどコストがかかる。

一方で、日本国内ではあまり流通していないため知名度は低いが、SONYは1〜2万円程度で購入出来るミドルレンジスマートフォンも欧州や新興国を中心に販売している。内部スペックこそ、Xperiaのフラグシップモデルには劣るがデザインはしっかりXperiaで、スマホに高性能を求めないユーザーには最適なモデルだ。

今回、SONYはイオンの「イオンSIM」と組む予定となっているが、仮に3万円ほどでXperiaが提供されるとなれば、イオンSIMの月額料金と合わせても2年で5万円ほどでスマートフォンを持てるようになり、コストパフォーマンスは非常に高い。  

2015年中にはSIMロック解除が義務化され、いよいよ格安SIMが一般的にも注目される年になる中、SONYが格安スマホに乗り出すことで、他のメーカーも参戦してくることになりそうだ。

新着ニュース

DTI SIM 半年間無料キャンペーン

[PR]

人気ニュース

データがありません

[PR]

[PR]